こまきつながるくん連絡帳とは

わが国は少子高齢化により、今後、人口が減少する一方で、65歳以上の人口割合は年々、上昇し、超高齢社会を迎えています。

小牧市の高齢化率は、全国や愛知県と比べて低いものの、確実に⾼齢化は進⾏しています。

また、高齢化率の上昇に伴って、現役世代の医療や介護といった社会保障の負担が増えることが予測されます。

小牧市では、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を目指しています。

また、今後は、高齢者だけでなく、障がい者や子どもなど、すべての人が年齢や状況を問わず、その人のニーズに応じた適切な支援を受けることができる地域づくりを目指しています。

そのためには、地域の医療や介護、福祉の関係機関の情報共有が重要であり、迅速かつ適切な医療・介護サービスの提供と連携が必要となってきます。

そこで、この「こまきつながるくん連絡帳」を活用することにより、医師・歯科医師・薬剤師・看護師などの医療職やケアマネジャー・ホームヘルパーなどの介護、福祉職などの多職種間で、利用者登録をしたパソコンやタブレット、スマートフォンなどの端末から、いつでもどこからでもセキュリティレベルの高い情報を共有することが可能となります。

在宅医療・介護の多職種間でのスムーズな連携・情報共有において、こまきつながるくん連絡帳をご活用ください。